2008年03月30日

「超劇場版ケロロ軍曹3」を見てきた

 やっとのことで劇場版のケロロ3を見に行くことが出来た。
 いや、休みの日自体はそれほど大した用事もないのだけど、やはり春先は花粉症やら蓄膿症の再発やらが怖くて、あまり外に出たくなかったのだ。
 で、今日は雨が降るということだったので、ならばと行ってみたわけである。

 例によって行った場所は近所のシネコンだったのだけど、相変わらずそこのシネコンは脇が甘いと言うかなんと言うかで、今回もプログラムが売切れてしまっていた。
 いくらなんでもプログラムを切らすってどうなんだよ?

 それはさておき映画を鑑賞。
 公開からほぼ1ヶ月経つわけだが、意外と普通に混雑しており、席はほとんど親子連れで埋め尽くされていた。
 僕はもちろん1人だったのだけど、今更そんなことを恥じるような歳でもないし性格でもないので、堂々と真ん中あたりに座って干渉する。

 一応アニマックスで劇場版1と2を見ていたのだけども、今回はそれらと比較しても明らかにグレードアップしており、まさに「テレビアニメの劇場版」にふさわしい、ゴージャスな内容の一編になっていた。
 劇場版1と2を踏まえての小ネタも散見されただけでなく、ダークケロロの出自と絡めて、ケロロ小隊それぞれのメンバーと、対になる関係の地球人たちとの交流と言うかやり取りと言うか、そういう部分がバトルを通じて改めて強調されたその見せ方が、非常に巧かったと思う。
 ドロロと小雪、ギロロと夏美の関係は言うまでもないが、今作ではクルルとサブローの関係もかなり強調されて描かれており、2人ともかなり息の合ったコンビプレーを見せているあたりが面白い。
 テレビ本編では意外と共演しないからね、あの2人は。
 オープニング映像では小隊5人それぞれが、それぞれ地球人たちと出会うシーンが紹介され、作品内での演出とリンクさせており、さらにこのオープニング映像自体が、エンディングへの伏線になっていたと言う演出は、素直に唸らされた。

 アクションも今回はタママとギロロにライバルキャラが設置されたこともあり、今までにも増してすごいアクションシーンとなっていた。
 ケロロ自身も前2作ではあまり真面目にアクションしてこなかった印象があったが、今回はケロロロボ…だけではなく、RX-78ガンダムにも乗って大奮闘。
 ガンダムが大地に立つシーンでは「翔べ!ガンダム」のアレンジBGMがちゃんとかかり、「メインカメラがやられただけだ!」やラストシューティングなどもしっかりパロっており、まさに「ケロロ」ならではの正しいパロっぷりであった。
 ただ惜しむらくは、他の小隊4人は、それぞれのパートナーが戦闘要員としても活躍できるのに対し、ケロロのパートナーである冬樹は戦闘面では全く役に立たないため、アクションシーンはどうしてもケロロ単体の見せ場になってしまうのが残念だった。

 今回の敵役・ダークケロロもかなり良い味を出しており、これについては演じた渡辺久美子さんの名演技ぶりもかなり影響しているだろう。
 かなり悪どいことをしている典型的な悪役であるにもかかわらず、どこか憎みきれない、オリジナルと同じ子供じみた面をも持つという、微妙な性格をきちんと表現できていたと思う。
 一切の「友達」を持たないダークケロロが、終盤ではダークケロロロボから全く離れようとせず、本当の意味でケロロと冬樹に屈服したその時になって、ようやくロボという「周りから隔絶させる囲い」から降りるあたりは、本作のテーマと直結した良いシーンになっていた。
 ラストも「ケロロ」らしくていいのではないかと。

 他にも見せ場自体は少なかったものの、クルルが今までに開発した歴代のロボが一斉に登場したり、顔見せ程度ではあるが「あの面々」が登場したことなども含め、今作はある意味でアニメ「ケロロ軍曹」の総決算的な話になっていたように思える。
 そう言えば昨日放送された4年目最後の話も、最終回にも出来るし「次回へ続く」にも出来ると言う、後味の良い話になっていたね。
 後は地味に出番の多い556にも注目か(笑)?

 観賞後は近くのゲーセンで「マジックアカデミーX」をプレイしてみた。
 正直な話、Wの終盤でかなり飽きてしまっていたのだけど、新規に書き起こされた我が娘ことルキアの動きを見ていたら、またゲームをやりたくなってきてしまった。
 まったく罪な娘だぜ(笑)。
 今回は「検定試験」なんてのもあるようだから、「特撮ヒーロー検定」とかも出来て欲しいなあ…。
posted by 銀河満月 at 19:46| Comment(1) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱりケロロ軍曹劇場版3いいよね。最後、ミルルはどうなったのかな?キルルは消滅したらしいし、ミルルも一緒なんてことはないといいけど。
Posted by at 2013年09月21日 17:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91622031

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。