2007年09月20日

「School Days」放映自粛は止む無し

 色々急展開があったようで。

 でも今回についての自粛は妥当だったと思うよ。事件発覚の当日に似通ったシーンがある(と思われる)作品を放送すると言うのは、あまりにも空気読めなさすぎだろう。
 いくら数ヶ月前から予定が組まれていたからと言って、大地震のあった当日に「地震列島」をテレビで放送するのはどうよ?っていうような話と同じことだ。

 ま、このアニメ自体に世間一般の人に対する影響力がそれほどあるとは思えないけど、それでも何がしかのマイナスの影響を、見ている人の一部に与えないとは限らないわけで。
 1000人の視聴者がいたとして、そのうち1人がマイナスの影響を受けた場合、その事実は他の999人が何の影響も受けなかったからと言って看過できたり相殺できたりするものではないのです。
 現実的には看過されまくったり相殺されまくったりしているのも事実なんだろうけど、だからこそ送り手側には相応の節度を持って欲しいわけなんですよ。

 ただよりによって最終回が未放送になってしまったわけだから、毎週楽しみに?していた人たちにとっては無念だと言うこともわかる。
 だからせめて何週間か経ったら、改めて放送して欲しいものだね。作品自体には罪はないわけだからさ。
posted by 銀河満月 at 03:04| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56203344

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。