2005年07月02日

メトロンの宇宙船のようだ

 どうでもいいけど、第3次スパロボαが出る翌週には、もうエクステーゼが出るんじゃないの。バンプレ的にこの強行軍ってどうなのよ?

 それはさておき、昨日はリニュ版ドラの1時間スペシャルがあった。リニュ版が放送開始して3ヶ月でスペシャルとは、局側としてもそれなりに力を入れているということか。

 1つ目は「一生に一度は百点を…」。初期に書かれた作品の中でも比較的教訓色の強い作品だ。
 話としてはほぼ原作どおりで、ラストに出てくる人物が原作ではジャイアンの父ちゃんだったのに、アニメでは母ちゃんになっていたことくらいしか違いはない。
 この人物変更は特に文句はないのだけど、原作での肝とも言うべき「出来の悪いのは仕方がないとして、不正だけはするなと教えてきたはずだぞ」と言うセリフがなかったのは残念だった。このセリフのあるなしで、ラストの母ちゃんの怒っている理由も若干違ったものになってしまったので、はっきりとセリフで明言して欲しかったかなと思う。
 ドラの軽蔑の眼差しもちょっと物足りなかったかな。

 2つ目は「のろいのカメラ」。
 こちらも思っていた以上に原作そのままの展開になってくれていたので良かった。原作初期でもかなりのドタバタギャグなので、正直ストレートなアニメ化はできないかなと思っていただけに、嬉しい誤算だった。
 まあ「なかなかきれないわ」「かなづちでたたこう」というようなセリフが出てこなかったのは、テレビアニメという媒体の中でいかに原作の雰囲気を表現するか、スタッフのギリギリのせめぎあい故のものだろう。まあそれ以外にもアニメ版のジャイ子がいきなり原作準拠の性格になってしまうのも困るしね。
 しかしジャイ子の声も2回目ともなるとそれほど違和感を感じないから不思議だ。僕が慣れるの早すぎなんかな?
 人形ドラがいたぶられたり、小便に見せかける仕返しなんかも原作どおりだと思っていたら、アニメでは部屋に入ってきた猫にのびドラの人形が引っかかれるという追加オチが入っていた。これはいらないんじゃないかと思っていたら、次に表示される「人を呪わば穴二つ」の言葉。
 なるほど、つまりはこれが言いたかったんですね。原作の話自体、言ってることは要するにこのことなんだけど、アニメではこれにさらにワンアクションくっつけて、説得力を増強してるってわけだ。うまいやり方ですな。
 まあこういう話を放送すると、たぶんどこからか文句が来るだろうから、それを見越しての演出なんだろうね。と思っていると、もうそういう意見が他のドラサイト掲示板に書き込まれているようで、なんだか暗然とした気分になる。

 3つ目は「天井うらの宇宙戦争」。
 いろんなところでスターウォーズに合わせてのアニメ化だと言われているけど、そもそも原作自体がSWにリスペクトしているし、それ以外のいろんな話、いろんな作品にもF先生はSWを元にしたパロディシーンを取り入れている。よっぽどSWが好きだったんですねえ。
 僕もルークが出てるエピ4〜6は好きなんだけど、最近のはな…。エピ2のアナキンとアミダラの恋愛描写なんざ、いつの時代の恋愛映画だと思ってしまったよ。
 それは置いといて、アニメの話。冒頭のゲームセットを見て今更気づいたんだけど、プレイヤー側のマシンはtieファイター、敵のマシンはXウイング戦闘機のパロなんだね。
 まあ後はこれまたほぼ原作どおりだったんだけど、細かい描写を結構丁寧に描いているので、なかなかの好感触だった。
 ジャイアンの家の天井裏がそのまま未来的な要塞になっているという、「壁1枚向こうに非日常」的感覚もきちんと描写してくれていたのが、個人的に良かった。
 アーレ姫の勲章好きもきちんと再現してくれていただけでなく、かなりオーバーに感動するというオリジナルの性格設定までされていて、久川綾のボイスとも相俟って、いい意味で個性的なゲストキャラクターになっていた。さすがだぜ、亜美ちゃん!(古すぎ)
 終盤の戦闘シーンも結構(意外?)派手に描いていて、スペシャル用のアニメとしてはまずまずの出来に仕上がっていたのではないだろうか。

 さすがにこの時期になると声優陣もだいぶこなれてきた感じがするね。のび太はまだ落ち着きがないように見受けられるけどもね。
posted by 銀河満月 at 16:44| Comment(1) | TrackBack(8) | ドラえもん・藤子関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、チャーリーです。
よろしくお願いします。
私も中学時代、悪友に髪を引っ張られたり
陰湿な虐めを受けていましたが、その腹いせに
アニメ「ツヨシしっかりしなさい」に
出てくるシャムネコ(面目の狭いツヨシを前に
好き放題に居間を荒らしたクソ猫)の写真を
パソコンにキャプチャーして、
学校で知人の前でその写真を悪友だと思って
踏み踏みしている所を見せようと思いましたが、

家で父に喋ったら
「弊害がある」って言っていましたが、
このアニメの「のろいのカメラ」のオチのようになると思いますか?
Posted by チャーリー at 2015年05月14日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4781585

この記事へのトラックバック

ドラえもん(わさドラ)第12回「ドラえもん DON DON サマースペシャル!!」
Excerpt: 今日はスペシャルということで、ラインナップも豪華。番組の冒頭と最後に流れるシーン、キーワードクイズなどは末期大山ドラのそれを継承している模様。今回は3つの話が放映されたが、正直イマイチに感じる部分もあ..
Weblog: 青い空はポケットの中に
Tracked: 2005-07-02 17:26

リニューアルドラえもん感想 #12
Excerpt: 最近、ドラえもんとのび太が悪魔に見えたり、あのすさまじいエネルギーをなんとか平和利用できないものかと思った全国のRドラえもんファンの皆様!さっそく感想に入ります。
Weblog: CODY スピリッツ!
Tracked: 2005-07-02 17:38

リニューアルドラえもん感想 #12
Excerpt: 最近、ドラえもんとのび太が悪魔に見えたり、あのすさまじいエネルギーをなんとか平和利用できないものかと思った全国のRドラえもんファンの皆様!さっそく感想に入ります。
Weblog: CODY スピリッツ!
Tracked: 2005-07-02 17:38

「ドラえもんDONDONサマースペシャル!!」鑑賞メモ
Excerpt: 今夜のドラえもんは4月のリニューアル初回以来、2回目となる1時間3本立てスペシャルでした。裏番組に最近人気の女子バレーがあったので視聴率的にはスペシャルにはならないと思われますが、ぜひとも健闘してもら..
Weblog: パンポロリン!
Tracked: 2005-07-02 22:08

7/1ドラえもんスペシャル
Excerpt: オープニングドラえもんがフライングVってだけで何だか笑えました(^^)「一生に一度は百点を」あれ?この話のラストって、ジャイアンの父ちゃん出てこない?まだ声優さんが決まってないのかな?リニュ後、初登場..
Weblog: 明日こそ檜になりたい
Tracked: 2005-07-02 23:39

7/1 ドラえもん「天井うらの宇宙戦争」ほか
Excerpt: 「一生に一度は百点を…」(脚本/早川正、絵コンテ・演出/塚田庄英、作画監督/富永貞義)  大山時代のリメイク版「コンピューターペンシル」に続いて、またもジャイアンの父ちゃんが登場せず、母ちゃんにその..
Weblog: はなバルーンblog
Tracked: 2005-07-03 00:40

「わさドラ」スペシャル鑑賞記
Excerpt: 今週の「わさドラ」は1時間のスペシャル!!なんといっても注目は、『スター・ウォーズ』のパロディ傑作「天井うらの宇宙戦争」!!何せ、本家の「エピソード3シスの復讐」の公開直前というときに、このいいタイミ..
Weblog: ごった煮 〜シンドリャーのブログ〜
Tracked: 2005-07-03 16:54

新ドラえもん評7/1
Excerpt: またまた遅めの更新。 今回のスペシャルはねぇ??。 まずオープニングにぶったまげましたねー。 意味不明。 なぜあの格好で五人が登場してきたのかまったく理解できない・・ 近年の大山..
Weblog: Ashiko K Milk
Tracked: 2005-07-05 01:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。