2018年10月14日

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)28話「妖怪大戦争」感想

 前回から始まった西洋妖怪編の今話のタイトルはそのものずばり「妖怪大戦争」。前回はヴォルフガング1人にかなり苦戦させられたが、これも前哨戦に過ぎないということでとうとうバックベアード率いる西洋妖怪軍団が総勢で乗り込んでくることになってしまう。その事実は日本に住んでいる海外妖怪たちを震え上がらせ、特にベアードについてはその名前を口にするだけでも危機を感じさせるような有様だった。
 鬼太郎はアニエスという闖入者に巻き込まれる形で、言わばなし崩しで西洋妖怪と事を構えることになったが、犠牲にしてしまった耳長たちのことを想い、せめてアニエスは守ろうと決意を新たにするものの、肝心のアニエスは自分やベアード軍についての事情をほとんど話さず、アルカナの指輪を破壊することにのみ固執する。
 鬼太郎が仮の住処を案内してもさして興味を示さず、指輪を壊せない鬼太郎に厳しい言葉を放つその姿の裏には、前回ヴォルフガングの決壊魔法を打ち破った鬼太郎の実力を当てにしているからという面もあるのだが、自分の利だけを考えているようなその言動には、ねこ娘でなくてもいらついてしまうところだろう。鬼太郎の背後で子泣きや砂かけに止められているねこ娘の姿には笑ってしまったが。
 ただアニエスも決して情に薄いわけではないというのは、彼女もまた耳長たちの墓前で謝罪の言葉を口にしているところからもわかるので、決して鬼太郎たちのことを軽んじているのではないということも理解できるだろう。彼女が墓前で使った魔法に何の意味があるのかはこの時点ではわからないが。
 だがそういう彼女が本来持っているのであろう情に厚い部分も、指輪の破壊という大目的のために抑え込まなければならないようで、アニエスは自分の魔術で鬼太郎の妖力を強制的に強化してしまう。そこだけ見ればアニエスが目的のために鬼太郎を利用していると思われても仕方なく、ねこ娘も恐らくはそう考えてアニエスに爪を向けたのだろうが、そこでも鬼太郎はまだアニエスに協力する意志をなくさなかった。いきなり強化された妖力に体が耐えきれず苦しんでいる状態であってもである。
 そこにはやはり耳長たち「助けを求めてきた者」を救えなかった後悔が根本にあるのは明白だし、その無念を晴らすためなら自分の体が傷つくことも厭わないというのは、これまで数多くの悪妖怪たちと戦い退治してきた鬼太郎の信念と呼ぶべきものであった。実際これまでの27の挿話の中で鬼太郎が何度も敵妖怪にやられ、時には死の淵に立たされながらも戦ってきたのだから説得力もさもありなんというところだろう。
 だが鬼太郎にも唯一の泣き所があった。それはかつて3話でまなを拒絶したのと同じ理由。「自分の力で大切なものを傷つけてしまったら、守れなかったら」という恐れ。そしてそれはベアード軍のゲゲゲの森への全面侵攻という形で現実のものとなってしまう。

 満月の夜、魔術によって炎に包まれるゲゲゲの森。妖力が全開になったヴォルフガングには銀の弾丸も効かず、フランケンシュタインは自身の製造した怪物に妖怪を襲わせ、カミーラの術に子泣きじじいたちも翻弄される。頼みの鬼太郎はアニエスの魔術のために身動きすら取れないまま、日本妖怪は追い込まれていってしまう。
 自分が動けないまま傷ついていく森と仲間たちを目の当たりにした鬼太郎は怒りのままに増幅された妖力を制御、復讐戦を仕掛けるヴォルフガングを一蹴しアデルと直接対決、一度は奪われた指輪を取り戻す。
 しかしそんな状態の鬼太郎でさえも、ついに姿を現したバックベアードの強大な妖力には歯が立たなかった。アニエスが無理やり指輪の力を起動させたおかげで難は逃れ西洋妖怪軍は撤退、双方痛み分けというとりあえずの決着はついたものの、森や仲間たちに残した爪痕は大きかった。
 そしてそれを見た鬼太郎は初めてアニエスを明確に拒絶してしまう。力の解放と同時に消えてしまったアルカナの指輪を探す手伝いはするというが、元を正せば鬼太郎たちにとって今回の件は西洋妖怪同士のいざこざのとばっちりのようなものでもあり、鬼太郎が積極的に介入する理由は存在しなかったわけで、その「とばっちり」のために守るべき大切なものを傷つけてしまった鬼太郎の胸中は察するに余りあるというところだろう。
 この辺は悪妖怪と戦う道を選びながらもどこかその行為に遠慮がちだった今期の鬼太郎らしいアンビバレンツと言えるだろう。アニエスを守りたい気持ちはあれど、そのために別の守りたいものを傷つけてしまった故の苦悩が滲み出ており、ヒーローでありながらヒーロー然とした存在でない鬼太郎というキャラクターを生かした秀逸な描写である。
 しかし同時に「怒りによってパワーアップ」という少年漫画的王道展開も盛り込んでおり、同時に強力な西洋妖怪とも、少なくとも鬼太郎本人は互角以上に戦えるであろう伏線も張られたわけで、今後もバトルを重視しつつ今まで通りの「ゲゲゲの鬼太郎」の物語を紡いでいってくれるのだろうと、些か楽観的ではあるがそんな風に思える今回の話であった。

 来週はそんな今まで通りの物語を体現する今期独自のキャラクターであるまなとアニエスが邂逅を果たすようだが、そこにフランケンシュタインも絡んでくる様子。指輪が消えてしまったことで全面侵攻は一旦ストップするのかは定かでないが、どんな展開が待っているのか楽しみなところである。
 


posted by 銀河満月 at 12:06| Comment(0) | ゲゲゲの鬼太郎(第6期)感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: