2018年09月17日

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)24話「ねずみ男失踪!?石妖の罠」感想

 さて今回の話は「石妖」。原作漫画としては3期放送時のマガジン連載時に描かれた話だがアニメ化するのは今回が初めてである。
 僕としては前話の感想に書いたとおり「このスケベじじい何するの」「捕らえ方がスケベくさい!」という原作のセリフがきちんと再現されるのかどうかが気になっていたところなのだけど、さすがに服が脱げて下着姿になるところまでは再現しなかったものの、セリフについてはどちらもきちんと再現されていたので非常に満足である(笑)。
 後者では原作でおなじみのビビビビンタが擬音付きで再現されており、前者は石妖演じる内田真礼さんのボイスで完全再現されていたのも個人的にはポイントの高いところ。花子さんのあやねるもだけど、今が旬の若手声優さんもどんどん出てほしいものですねえ。
 話自体は比較的原作に忠実に展開し、明確に違っていると言えるのは石妖の去就くらいか。その分原作では描かれていない細かい部分での各人の何気ない描写が光っていたのも今話の魅力だろう。器物の妖怪ということで結婚式には参加できないながらも、ゲゲゲの森で酒を飲みつつ祝う一反木綿とぬりかべや、腐れ縁ではあってもねずみ男のために金を貸す砂かけ婆や石妖探しに奔走するねこ娘などからは、いわゆる「鬼太郎ファミリー」の繋がりの強さが感じられて良かったと思う。結婚式で鬼太郎が恐らく友人代表ということでスピーチをしていたがそこはあっさり飛ばされてしまったので、鬼太郎が何をしゃべったのか聞いてみたかったなんて思ったりもする。
 石妖との戦いも概ね原作どおり。まったく何の伏線もなくいきなり海坊主が出てくるところも原作そのまんまなので、伏線を大事にする傾向の強い本作では逆に異質に思われるかもしれないが、原作ファンとしてはニヤリとさせられるところ。石妖にしがみつく子泣きじじいも、原作では不可抗力で服が脱げ砂かけにビンタされてしまうという割と理不尽な扱いをされていたのだが、今話では結構なスケベ心を出した結果としてのビンタという自業自得な流れになっており、このへんは良改編と言えるかもしれない。
 ちなみに何でか、ぬりかべが石になった石妖を粉々に踏みつぶすシーンに文句を言っている者がいるようだが、全くもって意味不明なので聞く価値はないと考えるべきだろう。
 それはともかく終盤の改変点は、海坊主に捕まった石妖を結局ねずみ男が助けるという描写である。その理由をねずみ男は「結婚指輪だけは盗んでいかなかったから」と言っているが、それが本当に石妖の仏心だったのか、ねずみ男の小さな感傷に過ぎないものだったのかは定かでない。しかし他の被害者の中にも石妖を訴える気にならないという者がいたように、石妖と出会って幸せな時間を過ごしたのも事実なのだから、心底から恨めないのも仕方のないことかもしれない。無論そう思わせることが結婚詐欺の特徴だということがわかっていてもどうしようもない、その意味では誰よりも人間臭いキャラクターであるねずみ男だからこそ描くことのできたクロージングだったと言えるかもしれない。

 さて次回はくびれ鬼。原作では一切登場していないにもかかわらず4期からずっと登場し続けている、アニメで知名度を上げたと言ってもいい妖怪だが、今回はまなを巻き込んで何かをする様子。名無しも暗躍するようだし西洋妖怪編に突入する前に何かまた動きが出てくるのだろうか。


posted by 銀河満月 at 14:51| Comment(0) | ゲゲゲの鬼太郎(第6期)感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: