2005年05月07日

「狂」を消すのは小学館くらい

 今日、やっとFINALBOXのゴジラ映画を見終えたよ。27作品をぶっ続けで見るのはさすがに厳しかったなあ。と言っても今世紀に入ってからのゴジラはまったく見たことがなかったので、新鮮な気持ちで見ることができたのも事実。
 余裕があればそれらについての感想でも書いてみようかなあ。どこかで聞いたようなつまんない内容になるとは思うが(笑)。

 さて、昨日はリニュ版ドラの第4回が放送された。「驚音波発振機」と「オールマイティーパス」である。
 「驚音波発振機」は本来は「狂音波」なのだが、小学館の自主規制で「狂」の字を変更したと言う経緯がある。尤も「狂」についての規制は小学館だけが行っているようなので、それほど気にする言葉ではないようだが、原作だけ改変してアニメが元のままと言うわけにも行かないだろうし、これは仕方のないところだろう。

 内容は両方ともほぼ原作どおりだった。だからこそ面白かったと言うべきだろうか。
 ネズミに対する恐怖のあまり爆弾を取り出すドラの狂気の顔、ラストでこれまた恐怖のあまり気絶するのび太といい、原作をうまい具合に料理していた。
 ジャイアンの歌は、今回が初登場だからはっきり言ってしょうがないだろう。これから以前のように専用曲が出来上がるかもしれないし、できないかもしれない。ただ「おれはジャイアンさまだ!」は菊池俊輔のアレンジで、たてかべ和也が歌うことで名曲になるわけだから、あれを中途半端に継承しなくて良かったと思う。
 尤もだからと言って「リニュ版では『おれは〜』が聞けない」→「リニュ版ドラはダメ」という、アクロバティックな論理展開をする輩が少なからずいるのには、失笑してしまうしかないのだが。

 Bパートの「オールマイティーパス」も素直に楽しめた。喫茶店やパチンコ店に入ったり、キャバレーに入ろうとするシーンも忠実にアニメ化されており、それによって道具の効能によって発生するナンセンス性を浮き彫りにすることに成功している。近年の作品では絶対に描かれなかったであろうシーンをきちんと描くことで、原作の最大の持ち味である「ナンセンス性」を引き出すことができると言う、良い証左だろう。

 来週で放送一ヶ月。そろそろオリジナルの要素を色々盛り込んでくるのかな。前も書いたけど現在のリニュ版は原作に忠実であろうとするあまり、前作が持っていたアニメ的な派手さを発揮できていないので、そっちの方にも力を入れていって欲しいと思う。


posted by 銀河満月 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(5) | ドラえもん・藤子関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

新生ドラえもん 第4回
Excerpt: ・『驚音波発振機』 元々は『狂音波』であったことはファンの間では語り草だが、 今回のアニメ化でこれが元に戻ることは考えられなかったので 当エントリーでは特に大きくは触れない。色々とあるのだろう。 「..
Weblog: LIL's commonplace days
Tracked: 2005-05-07 19:08

わさドラ第4回「驚音波発振機」「オールマイティパス」
Excerpt: ・「驚音波発振機」 木村昴ジャイアンによるはじめてのリサイタル。どのような歌を歌うか注目していたが、原作の他の話で歌っていたような歌詞だった。なお、原作にはジャ
Weblog: MISTTIMES.com Blog
Tracked: 2005-05-07 19:46

新生ドラ第4回「驚音波発振機」ほか
Excerpt: 「驚音波発振機」(脚本/大野木寛、絵コンテ/前田康成、演出/宮本幸裕、作画監督/管野智之)  注目の新・ジャイアンの歌は、「おいらのハートの切なさよ〜」と、原作寄りの詩。歌声に効果をかけて音痴っぽく..
Weblog: はなバルーンblog
Tracked: 2005-05-07 21:49

「驚音波発振機」と「オールマイティパス」鑑賞メモ
Excerpt: わさドラ4回目。今夜は「驚音波発振機」(てんコミ17巻)「オールマイティーパス」(てんコミ15巻)の2本。 結論から言うとやはり面白かった 30分画面に釘付け。このクオリティなら1時間4本立てで見た..
Weblog: パンポロリン!
Tracked: 2005-05-07 22:26

リニューアルドラえもん感想 #4
Excerpt: 先週はどくさいスイッチとダークな一面を見せたドラえもん今週はどうなることやら、さあ全国のドラえもんファンの皆様!早速感想に入ります。
Weblog: CODY スピリッツ!
Tracked: 2005-05-07 22:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。