2010年02月25日

ネタがないなら作るなよ

 ちょっと古い話題になってしまうが、「あしたのジョー」が山下智久主演で実写映画化するらしい

 まあ今さら「名作を汚すな」といった類のことは言わない。アニメとかマンガ作品を実写化する時点でどこか無理が生じてくるのだし、それを劣化と言うのなら避けようがないのだから、嫌な言い方だがどこかで諦めざるを得ないことだろう。
 しかしそれを考えてみても、今の若い人がどれだけ「あしたのジョー」という作品を知っているのだろうか。
 主演俳優を考えるに若い人向けなんだろうが、ジョーの反骨精神と言うか、ある意味反社会的とも言えるパーソナリティは、最近の若い人には通じにくいものなんじゃないかと思う。
 まあきっとその辺も色々変えて来るんだろうけど、そもそもそこまでして40年近く前のマンガを実写映画化する必要があるのだろうか。
 オリジナル作品の企画が通りにくいと言う現実もあるのだろうが、そろそろそういった業界全体の質と言うか雰囲気と言うものを、真面目に改善していくべきなのではないだろうか。
 オリジナルの作品を一から作って公開するってのは、プロのクリエイターなら出来て当然のことなんだから、もう少し努力してほしいところである。

 しかし今にして思うと、石橋正次は結構ジョーのイメージに合ってたんだなあ。
posted by 銀河満月 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142042894

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。