2010年02月14日

「まえのウルトラマン」とか「ウルトラマン二世」とか

 最近とある事情があって、「ひだまりスケッチ」関連のことを適当にネットで見ていたのだけど、Wikipediaで声優の水橋かおりさんの項目を読んでいた際に、ふと気になった部分があった。

 引用すると
 「好きなものは特撮(『帰ってきたウルトラマン』を「新マン」と呼べるほど)(好きな宇宙人は、『ウルトラセブン』の『チブル星人』)
 という部分なんだけど、これを読んだ時、はたと考え込んでしまった。
 いや、水橋さんが特撮好きであることを否定するわけではないんだけど、帰マンを「新マン」と呼ぶことが特撮好きであることの証明になるのだろうかと疑問を持ってしまったのだ。
 性別の違いがあるから簡単には言えないけども、水橋さんの年代的にはむしろ帰マンの「新マン」という呼び方は、かなり一般的なものだったんじゃないだろうかと思うんだよね。世代的にもウルトラマン80世代なわけだし。

 重ねて言うが、水橋さんが特撮好きであることを否定しているわけじゃないんです。
 ただ、長年特オタとして生きてきた自分としては、「どの程度のことを知っていたら『特撮好き』と世間で認知されるのか」という線引きがいまいちわからないんですよ。
 帰マンの正式名が「ウルトラマンジャック」であると言うことを知っている人は、特撮好きと思われるだろうとはなんとなくわかるんですが(後付け設定だから)。

 まあ何の断りもなく「帰ってきたウルトラマン」を「帰マン」と略している僕は、間違いなく特オタなんですけどね(笑)。
posted by 銀河満月 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 特撮ヒーロー・特撮映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。