2009年04月07日

さらば、第5期ゲゲゲの鬼太郎

 終わった。2年間の放送がついに終わってしまった。

 正直な話、3月はこの事実があるだけでかなり気分的に辛い一ヶ月になっていた。
 前に書いたとおり、2年で終わると言うこと自体は素直に受け止めてはいたのだけど、単純に「アニメの鬼太郎が終わる」と言うことが、僕としては寂しかったのだ。
 思えば3期や4期が終わった時も、こういう虚脱感みたいなものを感じたっけなあ。
 改めて僕にとって「ゲゲゲの鬼太郎」と言う作品の存在は大きいものだったのだなあ、と思い知らされた。

 ただ今回の最終回は、いかにも最終回然とした内容ではなく、あくまで1つの区切りがついた程度の内容になっており、そういう意味では1年目最後の話である51話の内容に近いものがあった。
 これは2年目で終了と言う決定が去年の12月という、ギリギリの時期に決まったから、中身をいじることが出来なかったということもあるのだろうが、ファンとしては「5期鬼太郎はまだまだ続けることが出来る」という、スタッフからの意志のようなものが込められているのだと思いたい。
 実際、100話完成記念パーティーでは、スタッフ・キャストともまだまだやる気はあるようだし、その他のブログでのレポ()を見る限りでは、作品とは直接連鎖していない事情が介在していたようなので、何とかして次につなげて欲しいところだ。

 あとは100話単体の感想とか、6月発売の劇場版ソフトはブルーレイ版も買ってしまおうかとか、2年目や5期全体の総括とか、書きたいと思えることはいくつかあるのだけども、虚脱感がまだ抜けきらないので、いまいち気分が盛り上がらない。
 各話感想も途中でストップしてしまったままだが、こちらはたぶんもう書くことはないだろう。

 5期鬼太郎は見ていて本当に楽しかった。4期鬼太郎の最終回を迎えた時、もう自分的に満足できるアニメ鬼太郎の新作を見ることはないだろうと勝手に思い込んでいたのだが、そんな思い込みを簡単に覆してくれるほどのパワーを持っていた。
 2年間、毎週日曜に楽しみをもたらしてくれたこと、本当に感謝しております。
 ありがとう、「第5期ゲゲゲの鬼太郎」。


 願わくは、遠くない未来での再会を。
posted by 銀河満月 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲゲゲの鬼太郎(第5期)感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117029204

この記事へのトラックバック

ゲゲゲの鬼太郎[第5作] #100「さらば父よ! 脅威の天狗王」感想
Excerpt: ・ゲゲゲの鬼太郎[第5作] 第100話「さらば父よ! 脅威の天狗王」 (脚本/三条 陸、絵コンテ/西沢信孝、演出/小牧 文、作画監督/藪本陽輔)  とうとう、『ゲゲゲの鬼太郎』第5作が終わってしま..
Weblog: はなバルーンblog
Tracked: 2009-04-09 02:15
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。