2006年01月13日

時代劇専門チャンネルで「必殺仕事人」放送開始

 いや〜、やっと始まってくれました、仕事人。
 以前テレビ埼玉で再放送された時は、ビデオに録画していた上に途中で脱落してしまったので、今回こそはきちんと全話録画しよう。
 しかも時専の宣伝を見るに、今年は仕事人以降も色々必殺シリーズを放送してくれるようなので、この勢いで1話の録画に失敗した新仕事とかもやってほしいなあ。
 ま、録画に失敗したシリーズはこれに限らず、仕切人とか激突とか、結構色々あるんだけどね。
 大体個人的にどうでもいい橋掛人はきちんと録画できたのに、思い出の作品である仕切人で録画失敗するとは、一体どういうわけなんだ、俺よ。
 所詮世の中なんてこんなもんなんだねえ。

 で、肝心の仕事人なんだけど、やっぱり黄金時代の緊張感がまだ残ってていい感じだね。1話での主水復帰劇は、かなり見応えがあった。
 よく考えると、本人にやる気もなく、またさして切羽詰った事情もない状態での復帰劇ってのは、意外にもこの「仕事人」が最初なんだよね。仕留人の頃は自分が何より裏稼業をやりたかったろうし、仕置屋や商売人の時は晴らせぬ恨みを晴らしてやりたいという自分自身の思いがあった。仕業人の頃は既に稼業を行っていたし、新仕置では自分の命が狙われるという危機が迫っていたわけだからね。
 秀もこの頃はまだギラギラしてて、いろんな意味で熱いね。

 仕事人は話数が多いのがチェックする際の難点ではあるけども、良くも悪くも必殺シリーズの大きな転換点となった作品だし、出来る限りきちんと見るようにしよう。
posted by 銀河満月 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 必殺シリーズ・時代劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。