2009年03月12日

「Dr.HOUSE」、DVD発売決定

 アイマスSPはやっとワンダリングスターでの亜美真美をクリアした。
 いやー、亜美も真美も非常に良い子でしたなあ。「他人のために泣いてあげられる子」って、オーソドックスで悪い言い方をすれば陳腐な設定ではあるけど、亜美真美がそれをやると違和感感じないからいいね!
 やっぱり中の人こと下田あさぽんの声もあってか、リアルな子供に近しい感じを受けるからだろうな。

 まだ亜美真美ルートでしかプレイしていないけども、貴音も非常に良いキャラクターになっていました。
 雪歩や伊織が相手の場合だと、また印象が異なってくるんだろうけども、亜美真美ルートの場合は貴音自身の性格もあって、亜美真美を「子供」としてワンランク下げた見方をせず、あくまで対等の立場に立ってやり取りをしているのが良かった。だからこそラストで本当の意味での「友達」になれたんだろうね。
 アイマスに登場するアイドルの中では比較的年齢の高い貴音の友達が、最年少の亜美真美という構図もいい。この2人(3人)はまたどこかで組んで欲しいものだね。

 …ってあれ?俺「Dr.HOUSE」の話するんじゃなかったか(笑)?
 と言うことでDVD−BOXが発売するようです。
 値段としては手頃なほうだと思うんだけど、僕にはF先生の大全集という大きな買い物が控えているから、たぶん購入はしないだろうな。
 正直シーズン3もあまり面白くなかったしなあ。いくらなんでもトリッターのネタで引っ張りすぎだよ。
 いくらハウスの方にも非があるとは言え、あれじゃ完全な私怨晴らしの職権乱用だよ。
 「大きな権力を持つ者がハウスを追い詰めていく」と言う構図自体、シーズン1と同じだしね。ついでに言えば危ないところでカディが助けてくれるところも同じ(笑)。
 本国で既に放送されたシーズン4はどうなっているんだろうか。

 ただ、今回のDVD発売をきっかけにして、地上波で放送されることになるかもしれないし、単純に視聴する人も増えることだろう。
 上で文句を書いたりしたけども、あれは個人的にケチを付けてるだけの話で、ドラマとしての全体的な水準は非常に高いレベルでまとまっているから、普通に見ればあっという間に作品世界に引き込まれていくと思う。
 これを機会に興味本位でいいから、是非一度見ていただきたい。
 いきなりBOXを買うのは大変だろうから、レンタル版なんかが出てくれると嬉しいね。
posted by 銀河満月 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。