2005年12月26日

マイ・ベストは「株式会社」

 昨日までに、新たに購入したズッコケ5作は読了した。
 ズッコケ読むのも久々だったから、なんか新鮮な気持ちで読めてしまったよ。さすがに僕がズッコケを読み始めた小学6年の時のような気分にはならなかったけど。

 しかし面白いことは面白かったのだけど、やっぱり僕が子供の頃読んでいた前期作に比べると、なんか味付けが薄いような気がする。
 「山賊修業中」にしろ「占い百科」にしろ、読んでてなんだか空恐ろしくなるような作品ではなかったなあ。もちろん作者お得意の味付け自体はきちんとあるんだけど、昔に比べると随分とセーブしているように見える。
 人が死ぬシーンのモンタージュ的技法のうまさは相変わらずだけどね。

 とりあえず未読なのは卒業式を含めて6冊。実家に帰省している間にどこかで購入で着ればいいのだけどなあ。
 でも待てよ。実家で購入したらどっちの家に本を置けばいいのだろう。せっかく買うなら何度も読み返したいが、かと言ってこれから先ずっと読み続けるわけではないしなあ。どうしたものか。
 一番いいのはズッコケ全巻、今の家に持ってくること(引越し時にちょっと考えた)なんだけど、やっぱり量が量だからねえ。難しいところだ。

 しかし挿絵が高橋信也氏になってから、ゲストキャラの女の子はわりかし可愛く描かれるのに、肝心の1組美少女三人組があんまり可愛く描かれないってのは、どういうことなのだろうか?
 この辺はアニメ版のほうが優秀だったぞ(笑)。
posted by 銀河満月 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ズッコケ・その他書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。